友達が新型アイコスの【ICOS2.4 Plus】を持っていたので、僕も欲しい!!ってことでコンビニで購入したいと思いました。

 

ちなみに僕は、旧型ICOSを他の友だちから譲り受けてるので自分で買うのは初めてとなります。

 

よってバッテリーチャージャーは持っているので、本体のホルダーのみコンビニで買いたいと思っています。

 

ネットで調べるとわかりにくい記事ばかりで、結局のところ『ホルダーのみはコンビニで買えるの?買えないの?どっちなの?』状態だったのでコンビニに行って直接試してみることにしました。

 

友達の情報では、ICOSの公式ホームページでユーザー登録をしてから買うとのこと。話そのままで早速、ユーザー登録をすることにしました。

 

ちょっとだけ宣伝させて〜〜〜

 

無料期間が終わっても1ヶ月で本1冊買ったと思えばお得ですよ。

無料期間は変動する場合があるので詳しくはアマゾンのAudibleのHPでお確かめください。

まずはICOSの公式ページでユーザー登録してみた

ICOSホームページ(スマホ版)

 

新規ユーザー登録から、免許証の写真を撮ってUPして簡単な必要事項を入力するだけでものの3分で登録できました。(確認メールが届くのそこのURLをクリックして登録完了)

 

5月31日までは、本体とバッテリーの標準セットは10980円が3000円引きのクーポンがもらえるとのことでしたが、今回はあくまでも本体のホルダーのみがほしいのでクーポンは対象外となりるので発行しませんでした。

 

まぁユーザー登録をしとけば買ったアイコスと紐づけてサポートも受けれるからこれはこれで良いかと。

 

 

ーアマゾンでも買えますよー

 

いざコンビニ(ローソン)へ

店員さんに、本体のみ欲しいことを伝えると『え?キャップのことですか? 標準キットならありますけど…』とのこと。

 

いやいや違うのよ。本体のみなんですと絵を指差してこの部分が欲しいと伝えると、奥から店長らしき人が出てきて『本体のみはICOSの公式ページから買うしか無いんですよ。コンビニでは販売してないんですよ、ネットで買ってくださいね。』ですって。

 

マジか… まいっか、とりあえず仕事行こうと車を走らせるとすぐにまたローソンが現れました。これも何かの縁かも?と思って車を停め、再度別のローソンに入店。

 

 

すると、この真中のディスプレイポップを発見。

ココにはホルダーだけが3980円で買えると書いてあります。すぐに店員さんにこれってこの場で買えるんですか?と聞いたところ、『買えますよ。何色ですか?在庫もありますよ。』とのこと。

なにそれ、さっきのローソンでは買えないって言ってたじゃん。でも細かいことは気にしない。買えるならそれでいいんだと言うことで即購入。

 

ローソンで普通に買えました。

ココまでの結論

このように、アイコスの本体のみ(3,980円)とスティック(葉っぱ)を買いました。

 

 

新型ICOS2.4Plusの本体(ホルダー)のみは、コンビニで買える店と買えない店がある。

 

買える店には、↓のポップがある。

”2本目のICOSホルダーをその手に”と書いてあるこの長細いディスプレイがあるなら在庫さえあれば買えるということがわかりました。実際、最初に行ったローソンにはこのディスプレイはありませでした。その他、近所のセブンイレブンでもこのディスプレイを見かけたので恐らく買えると思います。

新型ICOS2.4Plusを吸ってみた

新型アイコスは、旧型のポケットチャージャー(充電器)でも問題なく使えますよ。

 

新型アイコスはボタン部分がゴールドになりました。

 

スティックをセットします。

 

これで装着完了。

 

ランプが白いLEDに変わって昼の外でも見やすくなりました。

新型アイコスで吸ってみた感想
旧型と比べると、バイブ機能や白いLEDが視覚的に変わりましたね。吸いごたえは、若干重めに吸引できるような気がします。要は、ガツンと来る感じがUPしたような気がします。地味ですがバイブ機能は、吸う準備ができたことと残り少しですよというお知らせになっているので便利ですよ。総じて新型を買ってよかったと思っています。

この記事の結論

  • 新型のアイコスの本体のみの取扱があるコンビニでは普通に買える
  • 標準キットを買うならユーザー登録をしてクーポンを発行するとお得に買える(期間限定)
  • 店員さんの情報よりも自分の行動で確かめたほうが良い。

 

店員さんに本体のみがほしい旨を伝えてもあまりピンと来なかったことからも、きちんと分かる店員さんか自分で調べたほうが良いかと思いました。

いつものアマゾンでも買えるので下に紹介しておきますね。

最近では、安くて質の良い互換品も出ているようです。合わせていくつか紹介しますね。

おすすめの記事